法律に詳しい弁護士になる為には

弁護士という職業に就くには、弁護士資格を取得する必要があります。
この資格を取得するためには、法律関連の専門的な問題が出題される司法試験に合格することが必要になり、この司法試験は試験の中でもかなり難関ということでしられております。
その為、法律の勉強をかなりする必要があります。
また、最難関の司法試験は、試験を受けるために受験資格を取得する事が必要になるのですが、その受験資格を取得するのもかなり大変になっております。
司法試験を受験するための方法としては、法科大学院を修了する、司法試験の予備試験に合格すること、このどちらかをクリアすることが必要になります。
法科大学院を修了し、司法試験に合格した後で司法研修所で司法修習を修了するのが、一般的な弁護士になる方法になっております。
法科大学院は各大学院が実施をしている入試に合格しなければなりません。
もうひとつ、法科大学院を修了してない方も司法試験予備試験に合格すれば、司法試験を受けることができます。
しかし、かなり合格率の低い試験となっており、平成24年司法試験予備試験の場合には、出願者数が9,118人だったのに対して、合格者数は219人とかなり狭き門になっております。