法律的には簡易裁判所なら司法書士も活躍できる

司法書士のお仕事というものは、従来でしたら複雑な法律が絡み合うために、法律の知識の無い方の代りに法的書類を作成する専門家というのが本来の位置づけだったのですが、近年になって、多様化してくるニーズに合わせて司法書士の業務内容は拡大する傾向にあります。
様々な分野の業務が司法書士に依頼される中でも特に増えて来ているのが簡易裁判所における代理裁判事務です。
実は司法書士という職業は、認定司法書士という資格を取りさえすれば、訴訟額が140万円以下で簡易裁判所の事件についてという限定はありますが、弁護士と同じ活動を行う事ができるようになるのです。
特に最近では消費者金融などに対する過払い金返還請求など140万円以下の案件が増えて来ているという事もあり、多くの司法書士事務所がこの制度を利用して簡易裁判所の事件について受け持つようになっております。
将来的にも簡易裁判所での弁護活動のニーズは高まって行くと予想されておりますので、司法書士の活躍の場が広がっております。