税に関する法律の知識が必要な税理士になるには

税金関係の法律の知識が必要になる税理士になるためには筆記試験が必要になります。
この筆記試験は年に1回行われておりますが、とても難しい事でもしられております。
税理士の法律試験で問われる事は、会計学に属する簿記論と財務諸表論の2科目に加えて、税法に属する所得税法、法人税法、消費税法または酒税法、相続税法、住民税または事業税、国税徴収法、固定資産税から選択した3科目の5科目から出題されます。
税理士の試験に合格する場合には、この5科目の全てで60パーセント以上の得点を獲得した時に試験が合格になります。
とても難しい試験内容ですが、一発で5科目同時に合格しなければいけないわけではありません。
税理士試験は一度合格した科目に対しては有効期限がなく、ずっと合格の結果を残していられます。
中には5科目合格するまでに10年以上かかっている方も少なくありません。
しっかりと長期的なスパンで考えながらチャレンジしていけば、決して無理な資格試験ではないと言えます。